X 閉じる

よくあるご質問Q&A

0120-967-666

資料請求・お問い合わせ

家づくり・リフォームの疑問を解決!

広島県・廿日市市の工務店「ファインボックス」に寄せられる、家づくりやリフォームに関する“よくあるご質問”を掲載しております。Q&A形式で回答しておりますので、疑問やご不明点をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。もちろん、未掲載のご質問についてもお答えしますので、その場合はぜひお気軽にお電話、メールフォームからお問い合わせください。

家づくりに関するご質問

  • 相談や見積もりをする場合、費用はかかりますか?
  • お打ち合わせからプランニング、お見積もりまでの工程で費用がかかることはございません。安心してお問い合わせください。
  • 持っている土地が狭いのですが、家が建つでしょうか?
  • 狭い土地や変形地であっても、それを個性として捉えれば最適なご提案が可能です。それぞれの環境に合わせた家づくりを行いますので、ぜひご相談ください。
  • 住宅ローンを利用しようと考えていますが、いくら借りればいいでしょうか?
  • どのような家を建てるのか?将来のライフプランは?などにより、資金計画の内容は大きく異なります。諸条件を勘案した上で適切なプランをご提案いたしますので、まずはご相談ください。
  • 現在住んでいる家を建て替えたいのですが、できますか?
  • 当社スタッフが現地に伺い、調査を実施いたします。内容を確認した上で対応についてお話ができればと思いますので、まずはご連絡ください。
  • 家を建てる土地がまだ決まっていないのですが、探すのを手伝っていただけますか?
  • もちろんです。お客様のご要望をお伺いした上で、どのような条件の土地が最適かを絞り込み、ご納得いただける土地をご案内します。
  • 対応エリアについて教えてください。
  • 広島市・廿日市市を中心にご相談を承っておりますが、それ以外のエリアでも対応可能な場合がございます。ぜひお問い合わせください。
  • 平日にはなかなか時間が取れません。休日でも相談はできますか?
  • もちろんです。休日はもちろん、当社定休日であっても、基本的にはお客様のご都合に合わせて打ち合わせのスケジュールを決定いたします。実際、ご相談は休日のことが多いので、ご遠慮なくお申し出ください。
  • 家が建つまでにかかる時間はどれくらいですか?
  • 内容により工期は大きく異なりますが、一般的な住居の場合は、4〜5ヶ月程度の場合が多いです。
  • アフターメンテナンスではどのようなことをしてもらえますか?
  • 家は少しずつ劣化するものです。そのため、定期的なチェックが欠かせません。当社スタッフが現地へ伺い、不具合がないかプロの目線で点検を行います。

リフォームに関するご質問

  • リフォームの相談や見積もりには費用がかかりますか?
  • ご相談・お見積もりはすべて無料にて承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
  • 予算がすでに決まっているのですが、この範囲内でプランと見積もりをもらうことはできますか?
  • もちろんです。それぞれのお客様の事情に合わせて最適なプランをご提案いたします。
  • リフォームで利用できるローンはありますか?
  • はい。住宅ローンとは別の、リフォームローンというものがございます。金利などは高くなりがちですが、担保不要で審査結果が早く出やすいといったメリットもございます。詳しくは、一度ご相談ください。
  • リフォーム中は仮住まいが必要になりますか?
  • 基本的に、リフォーム中であっても普段どおりの暮らしができるよう施工を行います。お荷物の移動についてもスタッフが行いますので、ご面倒はおかけしません。
  • 築年数が30年以上と古い家なのですが、リフォームは可能ですか?
  • 過去にメンテナンスや耐震補強がなされていれば、室内などのリフォームのみで大丈夫です。ただし、1981年以前の旧耐震基準に基づいて建設されている建物の場合には、事前に耐震診断を実施しておくことをおすすめします。場合によっては基礎強化・耐震施工が必要です。
  • リビングをもっと広くできませんか?
  • 構造上、撤去できない柱や梁、壁がない限り、間取りの変更は自由です。担当が現地調査に伺った際に、どこまでリフォームができるかご提案いたしますので、その上でご要望をお伝えください。
  • 浴槽を今より広くできますか?
  • 現状の住まいが在来工法の場合、そのままでは広くできません。間仕切りの変更を行うとともに、給排水や排気、給油設備の変更が必要となります。そのため、まず現地調査で状況を確認いたします。
  • トイレの取り付け位置や向きの変更はできますか?
  • 移動や向きの変更であれば、容易に可能です。ただし、給排水の位置変更を専用部材でカバーしきれないような場合には、汚水管や給水管の工事が必要になるため、施工が大掛かりになります。詳しくは、現地調査をご依頼ください。