X 閉じる

新築住宅

0120-967-666

資料請求・お問い合わせ

ロイヤルSSS(スリーエス)構法の家

地震・火災に強いロイヤルSSS(スリーエス)構法。

実はファインボックスがロイヤルハウスに加盟した大きな理由の一つに、この構法を取り入れた家づくりというものをぜひご提案したかったというものがありました。

SSS(スリーエス)3つのSは、

Strong(強い)

Safety(安全・安心)

Smart(美しい・賢い)

を表します。

具体的にどういう構造か、なぜ地震・火災に強いのかをご説明します!

 

SSS構法の特徴の一つに、「金物が外に出ない」というものがあります。

 

一般的な木造在来工法は、

このように構造材を、外側から金物で固定しています。

 

一方SSS構法は、金物が外に出ません。

内部は、このようになっています。

ロイヤルSSS構法は、アップルピンとドリフトピンが絡み合うように、がっちり結合します。木痩せによって密着度が増すという仕組みで、木本来の強さが長持ちします。

つまり、木が収縮するほど強くなるのです。

 

地震が起きたら、次に火災が起こりやすくなります。

万一の火災の場合、命を守るために、建物が金物の損傷によって倒れるといったことは避けなければいけません。

構造材の中心でしっかり固定している構造は、中の人が避難出来るまでしっかりと建物を守りきることができます。

つまり、倒壊しにくい構造なのです。

下の写真は接合部の断面です。

左が一般的な在来工法、右がSSS構法です。

接合部分に大きな掻き込みを入れる在来工法に比べ、ロイヤルSSS構法では独自の金物を使うことで断面の掻き込みを最小限に抑制。木本来の強さを最大限に引き出します。

こうして比べてみると、強さの理由が分かりますね。

スリーエス構法は、耐震等級3を獲得。

その理由は金物だけではなく、強い剛床にも。

1階・2階の床は、厚さ28㎜の構造用合板を直貼りした「プラットホーム床構造」。水平剛性は従来に比べて6.25倍(2階床の場合)となり、建物の変形を防止します。

そして、強い基礎。

SSS構法ではスウェーデン式サウンディング試験、地盤調査を実施。

ロイヤルSSS構法のベースとなるAPS工法は、国土交通省から3年連続で住宅・建築関連先導技術開発助成金事業として採択され、日本、EU、中国の3カ国で特許取得済みです。

埼玉県所沢市の木造体育館は世界最大級の木造建築物ですが、ここで、木の美しさを活かしながらデザインするというミッションの中で生まれたスリーエスの技術。

金物が外に出ないから、梁を出しても美しいデザインが可能なんですね。

 

この秋に完成した、広島市西区のB様邸の施工中の写真です。

ロイヤルSSS(スリーエス)構法の家

今は天井の裏ですが、この構造がしっかりと家を守ってくれています。

 

強さもですが、せっかくなら「美しさ」の面も楽しみたい!

構造材である「梁」を隠してしまわず、木肌をそのまま見せる「あらわし梁」。

「あらわし梁」をリビングや寝室、吹き抜け空間に取り入れる・・。

自然の風合いが心地よく、力強さを感じさせる、こだわりの空間がデザインできますよ。

 

一覧へ戻る