X 閉じる

家づくり優遇制度・税金のお話

0120-967-666

資料請求・お問い合わせ

新築後の強い味方!「住宅ローン減税」

新築後の強い味方!「住宅ローン減税」

家を建てられる方にもそうでない方にも、

一般的によく知られている知名度バツグンの「住宅ローン減税」。

正式名称は「住宅借入金等特別控除」ですが、消費税の増税にあたり平成26年4月から、優遇される値がさらに増え、10年間で400万円の減税枠が可能になりました!(それまでは200万円)

とはいえ、400万円すべてが減税されるといった意味ではありませんし、これから家を建てられる方にとって、具体的にどういう制度で、どういった手続きで、どのくらい控除してもらえるのか・・を、ざっくりとご説明しますね!

<一般住宅の、住宅借入金等特別控除の制度>

  住宅借入金等特別控除
控除対象借入限度額 4,000万
最大控除額
(年間控除額)
10年間で400万円(年40万円)
控除率

(各年の年末の住宅ローン残高の)

1%

控除期間 10年

 

上の表が一般住宅における住宅ローン減税の制度概要です。

この年40万という控除ですが、どこを控除されるのかというと、その年に納めた所得税分を控除されます。

(つまり源泉徴収ですでに納めた税金が戻ってくる

そして引ききれなかった分は、翌年の住民税分で控除調整します。

新築後の強い味方!「住宅ローン減税」

 

<どのような仕組みなの?>

「控除」には、二種類あって、入り口の控除出口の控除があります。

たとえば一般的な「給与控除」「所得控除」「配偶者控除」「生命保険料控除」などは、年間の収入からこれらを引いて、「課税所得」を出し、そこに税率をかけて「所得税」を決定します。

計算するに控除する、これが「入り口の控除」。

そして決定した「所得税」(払うべき税金)から、ぼっくり引くことができるのが、「住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」。

計算したで控除できるから、「出口の控除」。

だから大幅に減税でき、「税金が0円になった!さらに住民税も減った!!」と、お得を実感できる制度なのです。

これは、新築を建てた後の強い味方ですね!!

 

 

<どんな流れで手続きするの?>

まず初年度は、居住した年の分の所得税について、翌年に確定申告書を提出します。

確定申告書は税務署でも、国税庁のサイトでも入手できます。今後年末に住宅ローン会社から送られてくる「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書

新築後の強い味方!「住宅ローン減税」

等を用意して、自身で手続きします。

確定申告に慣れていない方や初めての方は、初年度の手続きは少し大変な気がするかもしれませんが、案外やってみると難しいことは何もないので、ここは乗り切りましょう!

後は税務署から、10年間分の「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」が送られてきます。

新築後の強い味方!「住宅ローン減税」

次の年以降は送られてきた「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」と、住宅ローン会社から送られてくる「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」を会社に提出することで、年末調整で給与の支払いと同時に戻ってくることになります。

自営業の方や、ご自分で確定申告をされる方も、ご自宅のパソコンからe-taxで手続きすることもできます。丁寧に手順を解説したサイトもありますから出し忘れた場合等でも大丈夫です。

(e-TAXを利用する場合、まず電子証明書(マイナンバーカードや住民基本台帳カードの取得)やそれらを読み込むカードリーダーが必要になってきます。)

 

<どのくらい減税してもらえるの?>

この制度の住宅ローン残高×1%で出た金額はあくまで控除可能額です。

たとえば住宅ローン残高が2000万で、×1%した控除額が「20万」だとしても、所得税が「5万」で住民税が「8万」の場合、残りの7万は使い切れません。

また、引ける住民税の額には限度があり、136,500円が限度となりますので、たとえば住民税が14万で、所得税で引いて余った控除額がまだ15万ある場合でも、136,500円分までしか引けません。

ポイントは

所得税が「0円」になることはあっても、払った額、または払う予定の額以上に返ってくることはない・・

ということですね。

とはいえ、0円というのはすごい!

 

当方も只今この制度の恩恵を受けております♪

所得税が0円・・。(*/▽\*)

こんな夢がいつまでも続いてほしいですが、そろそろ10年の期限がやってきます・・。

一覧へ戻る