X 閉じる

優遇・補助金制度

0120-967-666

資料請求・お問い合わせ

優遇・補助金制度でお得な家づくりを

住宅購入資金は、教育資金や老後資金と並ぶ人生の三大支出のひとつです。優遇・補助金制度が利用できればこの支出が大きく抑えられるため、将来の家計への負担が軽減できるでしょう。こちらのページでは、広島市・廿日市市を中心に、新築・注文住宅の設計・建設、リフォームを手掛ける工務店「ファインボックス」がお得な家づくりのポイントについてお伝えします。

家づくりで利用できる制度

家づくりで利用できる制度

家づくりは人生において大きな支出です。この金額をいかに抑えられるかは、その後の暮らしにも多大な影響を与えるため、非常に大切であると言えます。そのために利用したいのが優遇・補助金制度。ただし、それぞれの制度には要件があり、適用できるかどうか事前の確認が必要です。また、予算が決まっている制度は期限前に締め切りになってしまう場合も。利用できそうな制度は、申請方法や申請期限についてあらかじめチェックしておきましょう。

フラット35とは?

フラット35とは?

住宅金融支援機構と民間金融機関の提携による「フラット35」。【フラット35 S】との組み合わせも可能な住宅ローンです。最大の特徴は、最長35年の全期間固定金利であること。資金を受け取る際に決まった金利が、返済終了時まで固定になるため返済中に利息が増えるといった心配がなく、当初の資金計画どおりに支払いが続けられるので安心です。

省エネや耐震性など、品質が高いと認められる住宅を取得した場合には、一定期間の間金利が引き下げられる【フラット35 S】の利用が可能になります。さらに、通常、住宅ローンの利用に必要な保証金・保証人は不要。繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

加えて、機構団体信用生命保険や三大疾患保証付機構団体信用生命保険が利用可能なので、万が一の場合に備えられます。そのほか、返済方法を柔軟に変更できるので、事情に合わせて返済中の悩みに対応できます。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

すまい給付金とは?

住宅所得にかかる税負担の軽減を目指して導入された「住宅ローン減税制度」ですが、控除されるのが所得税等であるため、収入が低ければ低いほど効果が小さくなってしまうという問題がありました。これを解決するために登場したのが「すまい給付金」です。

ポイントとなるのは、引き上げ後の消費税率が適用される住宅を取得する場合、その負担軽減を目指した現金が給付されることにあります。住宅ローン減税と合わせて利用することで、今後消費税が引き上げされた場合でも、かなりの負担を緩和できます。なお、期間は平成26年から平成33年12月まで(予定)。受給するためには給付申請書を作成し、確認書類を添付した上で申請する必要があります。

すまい給付金とは?

住宅ローン減税額拡充とは?

住宅ローン減税制度の目的は、住宅ローン利用者の金利負担軽減にあります。毎年末の住宅ローンの残高、もしくは住宅の取得対価のいずれか少ないほうの1%を、10年間にわたり所得税額から控除します。なお、所得税からの控除がしきれないケースでは、一部を住民税から控除することも可能です。

平成26年4月からは、消費税が引き上げられたこともあり、大幅な拡充がありました。たとえば、200万円だった最大控除額(10年間合計)が拡充後は400万円に増えています。なお、申請は個人単位となり、世帯単位ではありませんのでご注意ください。

住宅ローン減税額拡充とは?

その他の優遇制度

住居取得に関わる負担軽減の取り組みとしては、前項でお伝えしたもの以外にも「住宅取得資金の贈与税非課税枠拡大」「不動産取得税の軽減」「登録免許税の軽減」「固定資産税の軽減」があります。それぞれの内容については個別にお答えしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。